2007年12月23日

有馬記念予想

今年の総決算有馬記念。
ダイワメジャーかダイワスカーレットのどちらを本命にするか迷ったが
去年同レース3着の実績の分ダイワメジャーを本命に。

右回りが得意で、その中でも中山芝をさらに得意にしており、
喉鳴りが酷かったオールカマー以外は4着以下になったことがない。
去年の毎日王冠1着→天皇賞1着→マイルCS1着より疲れも溜まっていないだろう。

相手は今年3戦目のJC3着メイショウサムソンに
距離が未知数だがGT3連勝、一つずつ壁を乗り越えてきたダイワスカーレット。

本命ダイワメジャーからこの2頭にワイド流し(計2点)

◎ダイワメジャー
○メイショウサムソン
▲ダイワスカーレット
posted by NA at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

ラジオNIKKEI賞2歳S予想

阪神の連対率100%で前走エリカ賞2着だったランチボックスを本命に。
決め手のない馬で2着が多いが力はある馬だ。

相手は2000m2戦して連対率100%のダノンイサオに
無敗&ルメール騎乗のフローテーション。
距離が微妙だが新馬戦強かったサダムイダテンに
ペリエ騎乗で一変しそうなサブジェクト、
久々も札幌2歳Sの覇者オリエンタルロックまで。

本命ランチボックスから上記の5頭に馬連流し(計5点)

◎ランチボックス
○ダノンイサオ
▲フローテーション
△サダムイダテン
×サブジェクト
×オリエンタルロック
posted by NA at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

フェアリーS、阪神C予想

フェアリーS
本命はダート新馬勝ちのミスティフォレスト。
新馬戦は逃げ切って5馬身圧勝と強さを見せたが、
血統的に芝向けなので芝に変わるここに期待する。
このレースダート実績のある馬が強いのも心強いデータだ。

人気薄なので人気馬を中心にワイド総流し(計15点)

◎ミスティフォレスト
○エフティマイア
▲マイネレーツェル
△ビーチアイドル
×トラストパープル
×ハートオブクィーン


阪神C
本命はエイシンドーバー。
基本的に右回りで安定している馬で、
1400m戦は4戦3勝2着1回と得意な条件だ。
前走も休み明けながらマイルCS7着と健闘している。

相手は阪神1400m2戦1勝2着1回のプリサイスマシーンに
去年の覇者で右回り1400m2戦1勝2着1回のフサイチリシャール、
去年のマイルCS3着と地力あるシンボリグラン、
休み明け2連勝、しかも共に1400mのブルーメンブラット、
1400m以下で4着以下に落ちたことのないドラゴンウェルズまで。

本命エイシンドーバーから上記の5頭に馬連流し(計5点)

◎エイシンドーバー
○プリサイスマシーン
▲フサイチリシャール
△シンボリグラン
×ブルーメンブラット
×ドラゴンウェルズ
posted by NA at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

愛知杯予想

本命は中京2戦2勝のアドマイヤキッス。
その2戦も共に2000mと中京2000m巧者で期待できる。
57キロの斤量が気になるが、去年も56キロを背負い快勝、
安田記念も56キロで4着と1キロ増も許容範囲だと思われる。

本命の単勝1点勝負(計1点)

◎アドマイヤキッス
posted by NA at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

朝日杯フューチュリティS予想

本命は抽選通ったゴスホークケン。
前走の東京スポーツ杯2歳Sは4着に負けてしまったが、
2戦目、12キロ馬体増で先行馬唯一の入着と内容は悪くなかった。
距離も短くなるここで巻き返しを図る。

相手は東京スポーツ杯2歳S2着のスズジュピターに、
京王杯2歳Sの勝ち馬のアポロドルチェ、
デイリー杯の覇者キャプテントゥーレなど
重賞で結果を出している馬を中心に馬連総流し(計15点)

◎ゴスホークケン
○スズジュピター
▲アポロドルチェ
△キャプテントゥーレ
×レッツゴーキリシマ
×エーシンフォワード
posted by NA at 15:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

鳴尾記念予想

本命は56キロ&阪神得意のアドマイヤフジ。
阪神は3戦2勝4着1回でその4着も宝塚記念と非常に相性が良く、
休み明けも目黒記念3着、有馬記念で1着と0.9秒差と悪くない。
距離がやや短いのが気になるが、菊花賞、ダイヤモンドSで惨敗しているように
イメージほど長距離馬ではないように思う。

相手は菊花賞5着も適距離に戻ったドリームジャーニー。
1800m以下は4戦3勝3着1回と、4着以下に落ちたことがない。

本命、対抗のワイド1点勝負(計1点)

◎アドマイヤフジ
○ドリームジャーニー
posted by NA at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

中日新聞杯、阪神ジュベナイルF予想

中日新聞杯
2戦1勝、重賞も制している津村騎手に乗り替わったタマモサポートを本命に。
近走よりも相手も軽くなりここで一発を期待する。
2000mを1.58.5で逃げ勝った天の川Sのような強さを見せてほしい。

相手は前走初重賞で5着だった2000m4勝マイハッピークロスに
勝ちきれないレースが続く能力あるマイネルポライト、
GT皐月賞を除くと今年4着以下になったことのないサンライズマックス、
休み明け一叩きしてから2戦連対のゴールドキリシマなど。

本命タマモサポートから上記の馬を中心に馬連総流し(計16点)

◎タマモサポート
○マイハッピークロス
▲マイネルポライト
△サンライズマックス
×ゴールドキリシマ


阪神ジュベナイルF
人気薄の武豊騎手が怖いレジネッタを本命に。
新馬戦は逃げてしまい惨敗したが、それから2連勝し、
前走では上がり3F33.7の末脚で快勝している。

相手はファンタジーSの覇者オディールに、
そのファンタジーSで暴走気味だが速さを見せたエイムアットビップ、
1戦1勝ながら新馬戦の内容が強かったレーヴダムールに
札幌2歳S4着で前走1600m勝ちのカレイジャスミンに
前走は馬体減で惨敗したが札幌2歳S5着だったグラーフなど。

本命レジネッタから上記の馬を中心に馬連総流し(計17点)

◎レジネッタ
○オディール
▲エイムアットビップ
△レーヴダムール
×カレイジャスミン
×グラーフ
posted by NA at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

ステイヤーズS予想

本命は去年のダイヤモンドS2着のメジロトンキニーズ。
ここしばらくまで不振だったが、最近前走1着と0.5秒差、
前々走0.1秒差と復調してきて重賞好走暦のある長距離で期待する。

相手は今年の天皇賞・春3着馬トウカイトリック。
人気馬だが、長距離巧者でGTを除く3000m超のレースで
4着以下になったことがない実績は外せない。

この2頭のワイド1点勝負(計1点)

◎メジロトンキニーズ
○トウカイトリック
posted by NA at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

ジャパンC予想

本命は府中では安定しているコスモバルク。
去年のJCではディープインパクトから0.6秒差の4着で
一昨年のJCでもゼンノロブロイから0.5秒差の2着とこのレース相性が良い。
馬自体の能力は足ると思うが前走のように問題は騎手。
松岡騎手に乗り替わるのが一種の賭けに近いがその賭けに乗ってみる。

相手は休み明けの天皇賞を快勝したメイショウサムソン。
今年は連対率100%という完璧な成績、前走武豊騎乗で快勝と隙がない。

この2頭のワイド1点勝負(計2点)

◎コスモバルク
○メイショウサムソン
posted by NA at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

JCダート予想

東海S、シリウスS本命だったワンダースピードを本命に。
阪神2000mをレコード勝ちしてから注目していたが、
その次走東海S2着でメイショウトウコンの2着と頭角を現し、
シリウスSでは休み明け&大幅馬体減ながらドラゴンファイヤーと0.3秒差
前走アルデバランSでは2着ドンクールに3馬身半の1着と力をつけてきた。
重賞未勝利ながらGTの舞台でも十分勝負になるだろう。

相手は今年日本無敗で全て圧勝のヴァーミリアンに
距離が問題だが安藤騎手&府中巧が魅力のサンライズバッカス、
海外馬一番手で勢いのあるスチューデントカウンシル、
距離延長がプラスのメイショウトウコンに
4連勝のドラゴンファイヤーなど。

本命ワンダースピードから上記の馬を中心にワイド総流し(計15点)

◎ワンダースピード
○ヴァーミリアン
▲サンライズバッカス
△スチューデントカウンシル
×メイショウトウコン
×ドラゴンファイヤー
posted by NA at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

京阪杯予想

去年から距離が1200mに変わったこのレース。
スプリンターズSからの直行組や、前走スワンS、
OP常連組となかなか多彩な面子になっている。
大本命のサンアディユが牝として酷量の57キロを背負っていて
中々混戦になりそうだ。

本命は1200mなら安定しているアルーリングボイス。
セントウルSでも圧勝したサンアディユは別にして
2着から0.1秒差の4着と善戦している。
秋山騎手とのコンビも、前述のセントウルSや1着から0.2秒差のCBC賞と
それなりに結果を残していて心強い。

相手は斤量とスプリンターズSの疲れが心配だが抜けた実力のサンアディユ、
53キロの斤量&古馬に混じっても重賞で互角だったカノヤザクラに
1200m戦を3戦して1着1回、3着1回、4着1回で負けた2戦も
差がなかったブラックバースピンに京都1200m得意のタマモホットプレイ、
1200m戦なら14戦して4着以下1回のサイキョウワールドなど。

本命アルーリングボイスから上記の馬を中心にワイド総流し(計17点)

◎アルーリングボイス
○サンアディユ
▲カノヤザクラ
△ブラックバースピン
×タマモホットプレイ
×サイキョウワールド
posted by NA at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

マイルCS予想

本命は去年の覇者ダイワメジャー。
前走は毎日王冠での前崩れを警戒したのかいつもより後ろで競馬をしたうえ、
致命的な不利を受けてしまい惨敗してしまった。
前々走も後付けになるがダイワメジャー以外の先行馬総崩れの中、
天皇賞2着馬アグネスアークとそう変わらない競馬をしたのは評価できる。

元々、右回りのマイルは連対率100%と相性も良く、
最後のGT制覇のチャンスを物にして欲しい。

相手は同じく天皇賞で不利を受けたが3着だったカンパニーに
毎日王冠でメジャーに先着し天皇賞2着馬アグネスアーク、
前走は不良馬場で問題外だったスズカフェニックス。

抑えに右回り得意のエイシンドーバー、
時計の裏付けのある海外馬ベクラックスまで。

本命ダイワメジャーから上記の5頭に馬連流し(計5点)

◎ダイワメジャー
○カンパニー
▲アグネスアーク
△スズカフェニックス
×エイシンドーバー
×ベクラックス
posted by NA at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

東京スポーツ杯2歳S予想

脚を溜め、追い込む展開になれば相当強いタケミカヅチを本命に。
唯一連対を外した新潟2歳Sは前で競馬をしていた。

相手は不良馬場の新馬戦を快勝したマイネルエルマス。
良馬場での走りに期待したい。

この2頭のワイド1点勝負(計1点)

◎タケミカヅチ
○マイネルエルマス
posted by NA at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

エリザベス女王杯予想

ウオッカ回避につき予想変更。

ダイワスカーレットから○〜×に馬連流し(計4点)

◎ダイワスカーレット
○スイープトウショウ
▲アサヒライジング
△フサイチパンドラ
×ディアデラノビア

ダイワスカーレットVSウオッカの最終決戦が…
posted by NA at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリザベス女王杯予想

ダイワスカーレットVSウオッカ第4戦の舞台となるエリザベス女王杯。
秋華賞を叩いたのとコースや距離からウオッカ有利、
逆に距離が不安で同型先行馬が多く厳しい展開になりそうなスカーレットと
戦前の評価は明暗が分かれている。

本命は評価が厳しい方のダイワスカーレット。
新馬戦を見る限りキツい展開になろうと凌げる力はあるはず。

相手は宝塚記念の疲れが気になるが一叩きしたウオッカを厚めに
京都2200は一番合っていそうな宝塚記念馬スイープトウショウ、
手が合う柴田騎手に戻ったアサヒライジング、
札幌記念でアグネスアーク相手に凌いだフサイチパンドラ、
2000m以上は1‐0‐3‐0(国内限定)と安定しているディアデラノビアまで。

本命ダイワスカーレットから上記の馬に馬連流し(計5点)

◎ダイワスカーレット
○ウオッカ
▲スイープトウショウ
△アサヒライジング
×フサイチパンドラ
×ディアデラノビア
posted by NA at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

福島記念予想

サイトの方には書いていたのに福島記念の予想抜けていた。

福島記念は2連勝のマイハッピークロスが本命で単勝1点勝負でした。
外れでした…
posted by NA at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京王杯2歳S予想

混戦の京王杯2歳S。
それを証明するように重賞ウイナーたちより1勝馬が人気になっている。

本命は新潟2歳Sでも本命にしたリーベストラウム。
どんな相手、コースでも確実に追い込んでくる脚が魅力で
ここ2戦は上がり3F33秒台だった。
コース経験もあり、今回上位の騎手になってどこまでやれるのか楽しみだ。

相手は荒れた馬場で得意の函館覇者ハートオブクィーン、
血統的に荒馬場巧者で前走強かったレッツゴーキリシマ、
3戦3勝の重賞ホースのエフティマイア、
1勝馬ながら新馬戦で強さを見せたアポロドルチェなど。

本命リーベストラウムからワイド総流し(計14点)

◎リーベストラウム
○ハートオブクィーン
▲レッツゴーキリシマ
△エフティマイア
×アポロドルチェ
posted by NA at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

アルゼンチン共和国杯、ファンタジーS予想

アルゼンチン共和国杯
本命は去年の覇者トウショウナイト。
前走京都大賞典は惨敗してしまったが、叩いて良くなるタイプで、
今年の天皇賞・春ではメイショウサムソンから0.3秒差の5着になっており、
2500m超のレースにも強くGTを除くとここ1年は2戦2連対と安定している。

相手は長期休養明けを一叩きした日本ダービー3着馬ハイヤーゲームに
明らかに叩いて良くなる傾向がある天皇賞・春7着馬ダークメッセージ、
血統的に距離は微妙だが安定しているアドマイヤジュピタ
休み明けそこそこ頑張ったマキハタサイボーグ、
2500m無敗のネヴァブションなど。

本命トウショウナイトから上記の馬を中心に馬連総流し(計17点)

◎トウショウナイト
○ハイヤーゲーム
▲ダークメッセージ
△アドマイヤジュピタ
×マキハタサイボーグ
×ネヴァブション


ファンタジーS
斤量が軽いながら、デビュー戦を3番手から上がり3F34.8で勝った
アグネスタキオン産駒のリマレックスを本命に。
同コースを走った強みを見せて欲しい。

本命が人気薄なので手広くワイド総流し(計13点)

◎リマレックス
○エイムアットビップ
▲ドリームローズ
△エイシンパンサー
×デューン
×オディール
posted by NA at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

天皇賞・秋予想

本命は去年の覇者で毎日王冠3着のダイワメジャー。
前走は調整に問題があり、なおかつ休み明けながら
超ハイペースのレコード決着で先行馬最先着と健闘した。
馬場が回復してきたのも好材料で、アドマイヤムーン、
メイショウサムソンなどが休み明けの分も有利と見る。

相手は調教微妙だが今年4戦して3勝、GT2勝と充実しているアドマイヤムーン。
今年3戦2勝、GT1勝で2000mの連対率100%のメイショウサムソン、
府中無敗のポップロックに府中得意で去年の4着馬コスモバルク、
9ヶ月の休み明けだった関屋記念で強かったカンパニーまで。

本命ダイワメジャーから上記の5頭に馬連流し(計5点)

◎ダイワメジャー
○アドマイヤムーン
▲メイショウサムソン
△ポップロック
×コスモバルク
×カンパニー
posted by NA at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

武蔵野S、スワンS予想

武蔵野S
本命は府中3戦2勝3着1回(フェブラリーS3着)のビッググラス。
対抗は去年の覇者で休み明けの連対率100%のシーキングザベスト。

この2頭のワイド1点勝負(計1点)

◎ビッググラス
○シーキングザベスト


スワンS
本命はマイル以下の右回りが得意のマイネルスケルツィ。
この条件に限定すると、8戦3勝3着4回4着1回(マイルCS4着)と非常に安定している。
(1着(500万下)→1着(GU)→3着(GV)→4着(GT)
 →3着(GU)→1着(GV)→3着(GU)→3着(OP))

対抗は今回と同条件のファンタジーSで強かったアストンマーチャン。
前走の中山1200よりむしろ今回の京都1400mの方が合っていると思われる。

本命対抗のワイド1点勝負(1点)

◎マイネルスケルツィ
○アストンマーチャン
posted by NA at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。