2010年12月11日

中日新聞杯予想

◎ヤマニンキングリー
ローカル小回りの2000mは大得意。
前走天皇賞でも、やや復調を見せた。

○ナムラクレセント
1番人気トゥザグローリーとの比較だが、カシオペアSより今回斤量差が
縮まることと、叩いての競馬ということで逆転できるだろう。
小倉も3戦3勝と無敗。

▲ゲシュタルト
叩いて良化中&距離短縮がプラス。

◎→○、▲にワイド流し(計2点)
posted by NA at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/172827284

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。