2005年11月26日

京阪杯、ジャパンCダート予想

京阪杯
このレースは上がりの早い馬が有利な印象がある。
去年のカンパニーやロサードなど典型的な追い込み馬が連対している。
そういうわけで本命はカンパニー。

相手にルメール騎手に替わって良さそうなGT馬マイネルレコルト、
間隔あけて良いヴィータローザ、
前走32秒台の脚を使ったグレイトジャーニー&アサカディフィート、
前走いい脚を使ったワイルドスナイパーにとりあえずGT馬エイシンチャンプを抑える。
本命カンパニーから馬連で(計6点)

◎カンパニー
○マイネルレコルト
▲ヴィータローザ
△グレイトジャーニー
×アサカディフィート
×ワイルドスナイパー
×エイシンチャンプ


ジャパンCダート
前走休み明け、59キロで4着と好走したアジュディミツオーが本命。
距離が伸びるのも有利と見る。
相手は手広く馬連総流し(計15点)

◎アジュディミツオー
○タイムパラドックス
▲カネヒキリ
△パーソナルラッシュ
×サカラート
×シーキングザダイヤ
posted by NA at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。