2005年10月09日

毎日王冠、京都大賞典回顧

毎日王冠
◎ダイワメジャー1番人気5着

京都大賞典
◎リンカーン1番人気1着

ダイワメジャーはやっぱり左回りがあわなかったのか。
それとも切れがないのにスローペースで溜めていたのが駄目だったのか。
1回思い切って大逃げしてみるのもいいかも。

今でも現役最強レベルの素質を持っている馬だとは思っているんだけどな。
見てても全然全力出そうという気配がなくダラダラ走って勝手に失速している感じ。
喉鳴りという時限爆弾もいつ爆発するかわからないし有り余る素質を生かせないまま
悲運の馬で終わってほしくない。

【毎日王冠】(東京)〜レース後のコメント
5着 3番ダイワメジャー(横山典弘騎手)
「レースに向かう雰囲気がよくないですね。二人がかりでないと馬場に出なかったりで、
レースに集中できず、行けと言っても行かないんですよ。それに喉は相変わらず鳴っていて、やはり辛いでしょうね」

騎手から見ても力を出し切れていないらしい。
手術の効果もそろそろ切れてきたかも・・・メジャー頑張れ。
posted by NA at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005年重賞回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。