2008年12月28日

有馬記念予想

本命は11戦7勝2着4回と連対率パーフェクトのダイワスカーレット。
ハイペース、スローペース、右回り、左回り、古馬相手、牡馬相手、故障明けなど
あらゆる条件で連対してきた安定感は歴代の名馬に勝るとも劣らない。
天皇賞→有馬記念という有馬記念に絞ったローテーションも好感が持てる。

対抗は、中山10戦7勝2着1回3着1回競争中止1回のマツリダゴッホ。
去年の有馬記念でダイワスカーレットを破るなど中山での実績はダントツで、
前走府中のジャパンCでも府中巧者のウオッカ、ディープスカイ相手にほぼ互角だった。

次に叩き良化型の菊花賞馬アサクサキングス。
前走のジャパンCは、スローペースで後ろからの競馬になってしまう最悪の展開だったが、
何とか1着スクリーンヒーローから0.6秒差に留まった。
叩き3戦目、前目の競馬で逆転を期待する。

この3頭の3連複1点勝負(計1点)

◎ダイワスカーレット
○マツリダゴッホ
▲アサクサキングス


去年、本命ダイワメジャーからのワイドで的中したように良い締めで終わりたい。
posted by NA at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。