2008年12月21日

朝日杯フューチュリティS、阪神C予想

朝日杯フューチュリティS
本命はセイウンワンダー。
1600mを3戦して2勝、2着1回、全て上がり3F最速という内容で、
新潟2歳Sでは不良馬場ながら唯一上がり3F34秒台を出し、完勝だった。

本命セイウンワンダーの単勝1点勝負(計1点)

◎セイウンワンダー


阪神C
右回りの短距離なら安定して走るレッツゴーキリシマを本命に。

相手はマイルCSで1着と0.7、0.8秒差だったサイレントプライドとエイシンドーバー、
芝1400m以下なら安定しているスプリングソングに
嵌れば強いファリダット、シンボリグランに1400m巧者ゲイルスパーキー。

本命レッツゴーキリシマから上記の6頭に馬連流し(計6点)

◎レッツゴーキリシマ
○サイレントプライド
▲エイシンドーバー
△スプリングソング
×ファリダット
×シンボリグラン
×ゲイルスパーキー
posted by NA at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111500701

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。