2008年11月22日

東京スポーツ杯2歳S予想

上がり3F33秒台の末脚で2戦2勝のダノンカモンを本命に。
前回不利があったブレイクランアウトが抜けた一番人気になっているが、
ダノンカモンも先行馬有利の展開で1着の実力の持ち主で引けはとらない。
距離延長も血統から問題ないだろう。

ダノンカモンの単勝1点勝負(計1点)

◎ダノンカモン
posted by NA at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年重賞予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110031028

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。